企業・教育機関向け

ロゴ

研修

2019年01月17日

2019年度 MISA【新卒・中途】地域IT企業・就業促進型新人研修

本研修の主旨

本研修(「MISA 文系・非情報系出身者限定新人研修」)は、未経験者(文系・非情報系出身者)の地元IT企業への就職促進を図る宮城県の施策として開催するものです。
地域IT企業の人材採用力/育成力を人材研修の形で支援し、地域IT企業がコミュニケーション力や適性のある非情報系の人材を安心して積極採用できる環境を整えることを目的としております。

この度、宮城県との契約締結に先立ち、受講事前予約の申込を受付いたしますのでご案内申し上げます。

受講料:無料(宮城県委託事業のため)
*宮城県委託「新卒者等未経験者向け地域高度 IT 技術者育成事業」

1. 【重要】本研修の利用要件

【重要】本研修は実施の主旨から情報系学部学科の出身者はご受講いただけません。その他利用要件がございます。

①非情報系の理系/文系出身者であること(情報処理を専門とする学科以外の出身者であること)
*次の例のように、情報系学部・学科、専門学校の情報系/Web系学科出身の社員の方は本研修受講の対象外とさせていただきます
<情報系学部学科の例>

  • 東北学院大学:工学部情報基盤工学科/電気電子工学科情報通信系、教養学部情報科学科
  • 東北工業大学:工学部情報通信工学科
  • 宮城大学:事業構想学部デザイン情報学科メディアデザインコース
  • 山形大学:工学部 情報エレクトロニクス学科/情報システム工学科
  • 岩手県立大学:ソフトウェア情報学部
  • 東北文化学園大学:科学技術学部 知能情報システム学科
  • 石巻専修大学:理工学部 情報電子工学科
  • 東北電子専門学校:IT・AI 分野、クリエイティブ分野等

②「平成31年度 MISA 認定職業訓練新人研修」の受講が決定していない者であること
MISA人材委員会が開催する「認定職業訓練新人研修」の受講決定者は本研修受講の対象外です。
・ お申込みの際、申込用紙に同研修の受講予定がない旨のチェック欄にチェックいただきます。

・(開催予定)有料オプションのエクステンションコースに関しては、利用要件はありません(単独申込も可能です)

2. MISA認定職業訓練新入社員研修 (MISA人材委員会主催)との差違点

  • MISA新入社員研修は“将来を見据えた高度IT人材育成”という育成基本方針の下、「専門職IT人材」に必要な高度なヒューマンスキルや要件定義、システム設計等の内容までを含みます。
  • 本研修では、プログラマーを主体としたいわゆる「一般職IT人材」として現場のOJTに配属できるレベルを到達目標とします。最低限必要な技術や実践力・基礎素養にあえて絞り込み、その確実な定着を目指したゆとりあるカリキュラムとしています。

3. 2019年度【新卒・中途】地域IT企業・就業促進型新人研修 開催概要

期間
2019年4月2日(火)〜6月14日(金) 全48日間
受講対象
2019年度入社の新入社員(新卒・中途)
・MISA会員企業の有無は問いません
《条件等》
非情報系学部(情報処理を専門としない学部学科)出身者であること
*2019年度入社の新卒者だけでなく、既に勤務または勤務予定の中途採用者も対象となります。
*MISA認定職業訓練新人研修(MISA人材委員会主催)の受講決定者の申込はできません。
受講料
無料(宮城県委託事業のため) ※テキスト代も無料です
会場
仙台市中心部(調整中・お申込み企業に別途通知いたします)
定員
20名

4. 事前予約 お申込み・お問合せ

募集期間
2019年1月17日(木)9:00〜1月25日(金) 17:00

*募集開始日時以前の受付はできません。
*定員に達し次第締め切りとさせていただきます(先着順受付)。お早めにお申し込みください。
*事前予約申込にて定員に達した場合……宮城県との契約締結後、改めての募集は行いませんので予めご了承ください。

お申込み方法
下の申込書によりMISA事務局宛にE-mailまたはFAXでお申込みください。
お申込み・お問合せ先
一般社団法人 宮城県情報サービス産業協会(MISA) 事務局
FAX 022-217-3055 /TEL 022-217-3023
E-mail:misa@misa.or.jp
(〒980-0011 仙台市青葉区上杉1丁目6-10 仙台北辰ビル 5F)

カリキュラム

新人等の技術研修等に実績を持つ、現役の技術者やビジネスパーソンが担当します。

「MISA 文系・非情報系出身者限定新人研修」の特色

  • 情報処理基礎理論やプログラミングを学んだことのない初学者に照準を合わせた内容としています。数学が苦手な方が多いことを前提に数学的な概念から入るのではなく、特に前半部分は“アルゴリズムやキーボートへの慣れ”など、プログラマーとしてのスタートラインの底上げを意識した内容で構成しております。
  • 教えるのではなく、エンジニアとして自己成長し続けるために「自ら学び続ける」ための習慣づくりを重視します。
  • 現役エンジニア(SE)による指導により、開発の第一線を離れて久しいIT研修の専業講師では指導が難しい、今の開発現場で必要な「実務感覚」や「最新技術動向」、「各種ツール活用」などの生きたノウハウを吸収できます。また、現役エンジニア自身が受講者にとってのロールモデルとなります。
  • 現役エンジニア講師には文系からプログラマー、SEになった技術者も含まれますので、文系・非情報系の方の目線に立った指導ができる点も本研修の特色となります。

文系・非情報系出身者限定新人研修(宮城県委託事業)
新卒者等未経験者向け地域高度IT技術者育成研修 カリキュラム

2019年4月2日(火)〜6月14日(金) 全48日間

項目 内容 日程 担当講師
① IT 業界人としてのヒューマンスキル養成コース  4/2(火)〜5(金) 4日間
ビジネスコミュニケーション 基礎的なマナー・電話応対・名刺交換、 報連相、報告書作成 4/2(火)〜5(金)
(4日間)
杉山経営研究所
(仙台市)
杉山 厚志
②コンピュータ基礎コース  4/8(月)〜19(金) 10日間 
ITシステム基礎 《IT システム基礎と業務フロー I》
一般的な会社を題材に、業務フローや社内 LAN をイメージしながら、アルゴリズムや プログラミング基礎の基礎知識を学習。
4/8(月)〜9(火)
(2日間)
(株)エヌエスシー
(仙台市)
執行役員
髙谷 将宏
C言語によるプログラミング基礎 Java プログラミングを円滑に学習する上での基盤技術として、C 言語を習得しながら プログラミングの基礎を学習。 4/10(水)〜15(月)
(4日間)
(同)Hikaracity
(仙台市)
代表社員
明松 真司
データベースとSQL 基礎 MySQL による DB 操作の基本を学習
(キーボード操作に慣れる訓練も兼ねます。)
4/16(火)〜17(水) (2日間) SubSpace
(札幌市)
野村和也
明松真司
ITシステム基礎 《IT システム基礎と業務フロー II》
ネットワーク、セキュリティ、個人情報保護、 派遣法、著作権などの法務も含めた、IT人材の基礎素養を学びます。
4/18(木)〜19(金) (2日間) (株)エヌエスシー
(仙台市)
執行役員
髙谷 将宏
③Java 言語コース  4/22(月)〜5/31(金)  24日間 *4/27(土)〜5/6(月) 休講
Web 系技術基礎 Web アプリケーション開発のための HTML /CSS を学習。HTMLの記述やタグ、 CSSによるレイアウト、JavaScriptを学習します。 4/22(月)〜24(水)
(3日間)
講師調整中
Javaプログラミング
(個人開発実習)
Java言語プログラミングを学習 4/25(木)〜 5/14(火)
(8日間)
(同)Hikaracity
(仙台市)
代表社員
明松 真司
DB連携 JDBCによるDB連携を学習 5/15(水)〜17(金)
(3日間)
(有)ノヴァトレード
(仙台市)
代表取締役社長
若林 玲帆人
Web アプリケーショ ン開発基礎 サーブレット/JSP による Web プログラミン グを学習 5/20(月)〜30(木) (9日間) (有)ノヴァトレード
(仙台市)
現役SE
コミュニケーション 1ヶ月を振り返っての気づきと振り返り (ブレインストーミングとディスカッション) 技術的に迷っていることなどを含め、フォロ ーアップとアドバイスを行います。 5/31(金)
(1日間)
AM:MISA事務局
PM:髙谷、明松、 若林
④システム開発実務コース  6/3(月)〜6/14(金) 10日間  
チームによる業務システム開発模擬演習 これまで学んだ内容を用い、詳細設計・工程表に基づく Web システムの製造・テストを行います。
開発モジュール単位/個人単位に細分化を行い、個人の技術向上とチームでの円滑な結合テストの両立を図ります。
6/3(月)〜6/14(金)
(10 日間)
パールナレッジ(有)
(仙台市)
代表取締役社長
大和 晴彦

〇MISAでは別途5日間程度のエクステンションコース(オプション・有料) を開催予定です。
こちらは対象を限定としないスキル研修として開催予定。詳細はサイト等にて告知いたします。